転勤について

会社で働いていると会社側の様々な都合で別の勤務場所で働くことを要請されることがあります。
それが転勤と呼ばれるものです。
理由としては別の場所で働かせることで本人の能力を向上させるため、1つの場所で働かせずに定期的に交代させるため、問題を起こした存在であるため罰としての意味合いと様々ですが、どちらにせよ対象となった本人が別の場所へと飛ばされる事実は変わりません。


何も問題がなければいいのですが、人によっては家族のことがあるため家庭から離れるのに抵抗があったり、転勤となる新しい場所で住まなければいけないため、その新しい生活にかかる金銭面の関係で抵抗がある方もいるでしょう。
特に金銭面は会社側で負担をしないことが多いため、それを考えれば転勤したくないと考える人の方が多いでしょう。


そうなると気になるのは転勤を拒否できるかどうかということです。
簡単に言ってしまえば残念ながら転勤の拒否をすることは不可能です。
というのも転勤の拒否は業務命令違反に該当し、懲戒処分を受けることになるため、そのまま退職に追い込まれケースがほとんどです。
最もこの理由もあって会社側がこれを乱用して気に入らないとされる人物を精神的に追い詰めることに利用されることにもなっています。


しかし、この転勤は断れるケースも存在します。
では転勤の拒否ができるケースにはどのようなものがあるのでしょうか。
拒否できなくて転勤を回避したい場合にはどのように行動すればいいのでしょうか。


<特集>
自分の引越し条件を指定して、複数の引越し業者に一括で費用の見積もりを出すことが出来るサイトです・・・引越し 見積もり

Copyright © 2014 転勤って断れるの? All Rights Reserved.